5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

  

1 :けつ毛2号 ◆KETUGeCs :02/08/03 12:56 ID:???
  

2 :番組の途中ですが名無しです:02/08/03 12:57 ID:???
2げと

3 :番組の途中ですが名無しです:02/08/03 12:58 ID:???
お前の言いたい事はわかる。

しかし。。。

4 :けつ毛2号 ◆KETUGeCs :02/08/03 13:01 ID:???


5 :番組の途中ですが名無しです:02/08/03 13:01 ID:???


6 :番組の途中ですが名無しです:02/08/03 17:00 ID:???
しね

7 :けつ毛2号 ◆KETUGeCs :02/08/03 20:33 ID:???
8月3日土曜日
今日の10時からバイト☆。カワイイオナゴはいるだろうか?
けつ毛いっきま〜す。

8 :けつ毛2号 ◆KETUGeCs :02/08/04 07:17 ID:???
(´・ω・`)~ショボーン
(∩ ∩) ババァばっかりだった・・・・

9 :番組の途中ですが名無しです:02/08/04 20:13 ID:???
>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1
>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1
>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1
>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1

10 :番組の途中ですが名無しです:02/08/04 20:13 ID:???
>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1
>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1
>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1
>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1

11 :番組の途中ですが名無しです:02/08/04 20:13 ID:???
>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1
>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1
>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1
>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1

12 :番組の途中ですが名無しです:02/08/04 20:13 ID:???
>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1
>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1
>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1
>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1

13 :番組の途中ですが名無しです:02/08/04 20:13 ID:???
>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1
>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1
>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1
>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1

14 :番組の途中ですが名無しです:02/08/04 20:13 ID:???
>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1
>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1
>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1
>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1

15 :番組の途中ですが名無しです:02/08/04 20:13 ID:???
>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1
>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1
>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1
>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1

16 :番組の途中ですが名無しです:02/08/04 20:13 ID:???
>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1
>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1
>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1
>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1

17 :番組の途中ですが名無しです:02/08/04 20:13 ID:???
>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1
>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1
>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1
>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1

18 :番組の途中ですが名無しです:02/08/04 20:13 ID:???
>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1
>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1
>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1
>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1

19 :番組の途中ですが名無しです:02/08/04 20:14 ID:???
>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1
>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1
>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1
>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1

20 :けつ毛2号 ◆KETUGeCs :02/08/05 04:51 ID:???
8月4日日曜日
朝7時に帰ってきてすぐ寝る起きたのがサザエさんやってた・・・・
ふしぶし痛い

21 :けつ毛2号 ◆KETUGeCs :02/08/06 17:05 ID:???
体遺体

22 :けつ毛2号 ◆KETUGeCs :02/08/07 01:15 ID:???
つーか誰も見てないよな?この日記

23 :けつ毛2号 ◆KETUGeCs :02/08/07 01:20 ID:???
しごと ごとごと みている うちに

24 :けつ毛2号 ◆KETUGeCs :02/08/07 01:27 ID:???
はたらく ひとに なりたくて

25 : ◆SSbxoXew :02/08/07 04:20 ID:???
てすとん

26 :けつ毛2号 ◆KETUGeCs :02/08/07 09:23 ID:hWq7ml1p
なりたいなぁ なれるかな?

27 :けつ毛2号 ◆KETUGeCs :02/08/07 09:23 ID:???
やべぇあげちまった・・・・・・鬱

28 :けつ毛2号 ◆KETUGeCs :02/08/07 09:32 ID:???
なりたいけれど たりないなぁ


29 :けつ毛2号 ◆KETUGeCs :02/08/07 09:33 ID:???
としも ちからも たりないなぁ


30 :けつ毛2号 ◆KETUGeCs :02/08/07 09:34 ID:???
でも いまなりたーい

31 :けつ毛2号 ◆KETUGeCs :02/08/07 09:34 ID:???
まわれよ ちきゅう

32 :けつ毛2号 ◆KETUGeCs :02/08/07 09:35 ID:???
はたらくひとに なりたいなぁ




33 :けつ毛2号 ◆KETUGeCs :02/08/07 21:11 ID:???
赤い実はじけた

34 :けつ毛2号 ◆KETUGeCs :02/08/07 21:14 ID:???
綾子は家に帰ってくるなり、鏡の前に飛んでいった。
ほおがピンク色のをしているのは、走ってきたせいかしら。

35 :けつ毛2号 ◆KETUGeCs :02/08/07 21:29 ID:???
顔じゅうが真っ赤に染まったような気がしたのに、目も口、いつもと変わらない。

36 :けつ毛2号 ◆KETUGeCs :02/08/07 21:34 ID:???
「変なの。確かにパチンて、音がしたのに」

37 :けつ毛2号 ◆KETUGeCs :02/08/07 21:41 ID:???
その音を哲夫に聞かれたような気がして、話のとちゅうだったのに、
綾子は、にげるように帰ったきてしまったのだ。

38 :けつ毛2号 ◆KETUGeCs :02/08/08 01:02 ID:???
去年の夏休み。母の郷里に遊びに行ったときに、いとこの千代が言っていた。
「急に胸が苦しくなってきて、とたん、胸の中で、赤い実がはじけたの」
あの夏の夜、千代とふとんにもぐりこんで、いろいろな話をした。

39 :けつ毛2号 ◆KETUGeCs :02/08/08 01:05 ID:???
やべぇまたあげちまった・・・・・・・・鬱

40 :けつ毛2号 ◆KETUGeCs :02/08/08 01:09 ID:???
そのとき千代は、はずかしそうに、一夫君のことを言い出したのだ。
同じクラスの一夫君の横顔に夕日が当たった瞬間、千代の胸の中で、
赤い実がはじけたというのだ。

41 :けつ毛2号 ◆KETUGeCs :02/08/08 01:12 ID:???
「不思議なのよ。一夫君とは小学校もいっしょでしょう。同じクラスに
なったことはなかったけど、それまで毎日のように顔を合わせていたのに、
そんなことはなかった。それが、突然・・・・」

42 :けつ毛2号 ◆KETUGeCs :02/08/08 01:16 ID:???
それから千代は、一秒だって一夫のことを忘れたことはないの、と言った。
中学一年になった千代は、一年前の夏会った時と比べて、話しかけにくいほど
大人っぽくなっていた。

43 :けつ毛2号 ◆KETUGeCs :02/08/08 01:20 ID:???
「綾ちゃんも、いつか赤い実がはじけるわよ。そしたら教えてね、地震みたいに突然来るんだから」
そう言って千代は、まぶしいようなえがおをうかべた。
その夜の千代のとの会話を、綾子はときどき思い出した。

44 :けつ毛2号 ◆KETUGeCs :02/08/08 01:24 ID:???
千代が言ったのは、本当だった。それは、まったく突然。 急に胸が苦しくなって。
   パチン。
思わず飛び上がるほどの大きな音を立てて、胸の中で何かがはじけたのだった。
予想もしていなかった。だって、話していた相手が哲夫だったんだもの。

45 :けつ毛2号 ◆KETUGeCs :02/08/08 01:29 ID:???
岡本哲夫は、綾子の苦手なタイプの男の子だった。どこが苦手ときかれても、
うまく答えられない。一年生のときから、同じクラスだった。声が大きくて
なんだかこわい。そんな最初の印象を、六年生になった今まで引きずって
いたのかもしれない。

46 :けつ毛2号 ◆KETUGeCs :02/08/08 01:34 ID:???
哲夫君はおっかない。そんな先入観があって、「魚進」にだけは買いものに行かなかった。
町外れにある「魚進」が哲夫の家。だけど、今日はしかたなかった。お母さんがかぜをひいて
買い物に出られない。長いこと出張に行っていたお父さんが、今夜帰ってくるのに。

47 :けつ毛2号 ◆KETUGeCs :02/08/08 01:41 ID:???
「いいや。岡本君の店ってだけで、べつに哲夫君がお店にでているわけじゃないもんね」
綾子はそう自分に言い聞かせた。   ところが
「らっしゃい」
店の前まで来て、綾子はにげ出しそうになった。大声でむかえてくれたのは、哲夫だったのだ。

48 :けつ毛2号 ◆KETUGeCs :02/08/08 01:45 ID:???
「なんだ米田じゃないか」
哲夫の顔がくしゃっとなる。哲夫は、長ぐつに黒くて長いゴムのエプロン姿。
学校で会うイメージとはちがって、一人前の魚屋に見える。
「米田、いつもうちで魚買ってくれてんのか」


49 :けつ毛2号 ◆KETUGeCs :02/08/08 01:48 ID:???
「えっ、あのう・・・・・・」
綾子がうまく返事できずにいると、
「おっ、哲の友達か」
店のおくから、哲夫そっくりなお父さんが顔を出した。

50 :けつ毛2号 ◆KETUGeCs :02/08/08 01:52 ID:???
「米田綾子、いっしょのクラスなんだ」
哲夫が大声で説明している。綾子は小さくなった。
周りに、ほかのお客さんがいないのが、せめてもの救いだ。
「それで、何にしましょう」

51 :けつ毛2号 ◆KETUGeCs :02/08/08 02:24 ID:???
「お、おさしみを・・・・・」
綾子はやっと小声で言った。
「さしみたって、何がいいんだ」
哲夫におこられているようで、綾子はますます口ごもってしまう。


52 :けつ毛2号 ◆KETUGeCs :02/08/08 02:31 ID:???
「おつかいなんて、えらいねぇ。今日はタイがおいしいよ。それから、このアジのたたき
哲が作ったんだよ。うちの哲も、よくてつだってくれます。なあんちゃって。
お父さんは一人で笑って、またおくに引っこんでいった。
「今の季節、やっぱりさしみはタイだね。マグロも新鮮だよ」

53 :@ABダー:02/08/08 22:43 ID:???

続きキボンス

54 :けつ毛2号 ◆KETUGeCs :02/08/09 04:05 ID:???
哲夫の口調は生き生きとしている。お母さんが預かったお金で買えそうなので、
綾子はタイとマグロをたのんだ。
「毎度ありい」
哲夫って、笑うと八重歯がのぞくんだ。

55 :けつ毛2号 ◆KETUGeCs :02/08/09 04:10 ID:???
「経木で包むのも、このへんじゃあ、うちの店くらいなものだよ。
今はみんなスーパーだろ。魚をパックするなんて、かわいそうでよ」
哲夫はきびきびとさしみを包んでいく。
「アジのたたき、おまけな。食べてくれよ」
哲夫は自慢そうに、アジのたたきも包んでくれた。

56 :けつ毛2号 ◆KETUGeCs :02/08/09 04:14 ID:???
「今はサヨリもうまいぞ。もう少ししたらカツオだな」
「くわしいのね」
魚を受け取り、代金をはらいながら、綾子は初めて哲夫の正面から見た。
「おれ、魚好きだからな」
哲夫の目はきらきら光っている。

57 :けつ毛2号 ◆KETUGeCs :02/08/09 04:18 ID:???
「食っちゃうなんてかわいそうな気もするけど、どうせなら、おれはこんなにうまいんだぞって、
魚にいばらせてやれるような、日本一の魚屋になりたいんだ」
そのときだ。綾子の胸が急に苦しくなってきて、特大のパチンが来たのは。
綾子は胸元をおさえると、さよならも言わずにかけだしていた。

58 :けつ毛2号 ◆KETUGeCs :02/08/09 04:21 ID:???
「魚進」で買ったおさしみに、お父さんはとても満足したようだ。
「今日のは、特にうまかった気がするよ」
「そうでしょう。このアジのたたき、わたしの友達が作ったんだって」
綾子は、自分の声が大きくなっているのを感じた。

59 :けつ毛2号 ◆KETUGeCs :02/08/09 04:26 ID:???
「そういえば、「魚進」のむすこさん、綾子と同級生だったわね。このごろ、
もう一人前にお店を手伝っているのよ」
お母さんがそう言ったので、綾子はなんだか、耳の辺りがかゆくなってきた。
うれしいような、はずかしいような。それにしても、あのとき、急にかけだしたりして、
哲夫は変に思われなかっただろうか。

60 :けつ毛2号 ◆KETUGeCs :02/08/09 04:30 ID:???
「おっはよう」
翌朝、綾子の心配は、哲夫のさわやかな大声にふき飛ばされた。海の中を泳ぐ魚のように、
すいすいと綾子を追い抜いて走っていく哲夫。その後ろ姿を見ながら、
綾子は、今夜、千代に手紙を書こうと思った。








61 :けつ毛2号 ◆KETUGeCs :02/08/09 04:32 ID:XzRlxMi6
ちいちゃんのかげおくり

62 :けつ毛2号 ◆KETUGeCs :02/08/09 04:34 ID:???
またあげてしまった・・・・・・・鬱

63 :けつ毛子2号 ◆KETUGeCs :02/08/10 19:49 ID:???
b

64 :けつ毛子2号 ◆KETUGeCs :02/08/11 08:01 ID:GRJdc2tq
「かげおくり」って遊びをちいちゃんに教えてくれたのは、
お父さんでした。
出征する前の日、お父さんは、ちいちゃん、お兄ちゃん、お母さんをつれて、
先祖のはかまいりに行きました。

65 :コテハン募集中 ◆KETUGeCs :02/08/12 04:57 ID:IZDqX7BG
その帰り道、青い空を見上げたお父さんが、つぶやきました。
「かげおくりのよくできそうな空だなあ。」
「えっ、かげおくり。」
と、お兄ちゃんがきき返しました。

66 :ノンキャリア ◆EcL8McLo :02/08/12 04:59 ID:t4xgvCSE
朝っぱらからなかせるな・・・

67 :コテハン募集中 ◆KETUGeCs :02/08/12 05:02 ID:???
「かげおくりって、なあに。」
と、ちいちゃんもたずねました。
「十、数える間、かげぼうしをじっと見つめるのさ。十、と言ったら、
 空を見上げる。すると、かげぼうしがそっくり空にうつって見える。」

68 :コテハン募集中 ◆KETUGeCs :02/08/12 05:05 ID:???
と、お父さんが説明しました。
「父さんや母さんが子どものときに、よく遊んだものさ。」
「ね。今、みんなでやってみましょうよ。」
と、お母さんが横から言いました。

69 :コテハン募集中 ◆KETUGeCs :02/08/12 05:06 ID:???
「父さんや母さんが子どものときに、よく遊んだものさ。」
「ね。今、みんなでやってみましょうよ。」
と、お母さんが横から言いました。
 ちいちゃんとお兄ちゃんを中にして、四人は手をつなぎました

70 :コテハン募集中 ◆KETUGeCs :02/08/12 05:08 ID:???
そして、みんなで、かげぼうしに目を落としました。
「まばたきしちゃ、だめよ。」
と、お母さんが注意しました。
「まばたきしないよ。」

71 :コテハン募集中 ◆KETUGeCs :02/08/12 05:08 ID:???
ちいちゃんとお兄ちゃんが、やくそくしました。
「ひとうつ、ふたあつ、みいっつ。」
と、お父さんが数えだしました。
「ようっつ、いつうつ、むうっつ。」

72 :コテハン募集中 ◆KETUGeCs :02/08/12 05:09 ID:???
と、お母さんの声も重なりました。
「ななあつ、やあっつ、ここのうつ。」
ちいちゃんとお兄ちゃんも、いっしょに数えだしました

73 :コテハン募集中 ◆KETUGeCs :02/08/12 05:10 ID:???
「とお。」
目の動きといっしょに、白い四つのかげぼうしが、すうっと空に上がりました。
「すごうい。」
と、お兄ちゃんが言いました。

74 :コテハン募集中 ◆KETUGeCs :02/08/12 05:11 ID:???
「すごうい。」
と、ちいちゃんも言いました。
「今日の記念写真だなあ。」
と、お父さんが言いました。

75 :コテハン募集中 ◆KETUGeCs :02/08/12 05:12 ID:???
「大きな記念写真だこと。」
と、お母さんが言いました。
次の日、お父さんは、白いたすきをかたからななめにかけ、
日の丸のはたに送られて、列車に乗りました。

76 :コテハン募集中 ◆KETUGeCs :02/08/12 05:17 ID:???
「体の弱いお父さんまで、いくさに行かなければならないなんて。」
お母さんがぽつんと言ったのが、ちいちゃんの耳には聞こえました。
 ちいちゃんとお兄ちゃんは、かげおくりをして遊ぶようになりました。
ばんざいをしたかげおくり。かた手をあげたかげおくり。足を開いたかげ
おくり。いろいろなかげを空に送りました。

77 :コテハン募集中 ◆KETUGeCs :02/08/12 05:17 ID:???

 けれど、いくさがはげしくなって、かげおくりなどできなくなりました。
この町の空にも、しょういだんやばくだんをつんだひこうきが、
とんでくるようになりました。
そうです。広い空は、楽しい所ではなく、とてもこわい所にかわりました。


78 :広告募集中 ◆KETUGeCs :02/08/13 09:11 ID:???
夏のはじめのある夜、空しゅうけいほうのサイレンで、
ちいちゃんたちは目がさめました。
「さあ、急いで。」
お母さんの声。

79 :広告募集中 ◆KETUGeCs :02/08/13 09:13 ID:???
外に出ると、もう、赤い火が、あちこちに上がっていました。
 お母さんは、ちいちゃんとお兄ちゃんを両手につないで、走りました。
 風の強い日でした。
こっちに火が回るぞ。」

80 :広告募集中 ◆KETUGeCs :02/08/13 09:14 ID:???
「川の方ににげるんだ。」
だれかがさけんでいます。
 風があつくなってきました。ほのおのうずが追いかけてきます。
お母さんは、ちいちゃんをだき上げて走りました。

81 :広告募集中 ◆KETUGeCs :02/08/13 09:16 ID:???
「お兄ちゃん、はぐれちゃだめよ。」
 お兄ちゃんが転びました。足から血が出ています。ひどいけがです。
お母さんは、お兄ちゃんをおんぶしました。
「さあ、ちいちゃん、お母さんとしっかり走るのよ。」

82 :広告募集中 ◆KETUGeCs :02/08/13 09:19 ID:???
けれど、たくさんの人に追いぬかれたり、ぶつかったり
ちいちゃんは、お母さんとはぐれました。
「お母ちゃん、お母ちゃん。」
ちいちゃんはさけびました。

83 :募集中 ◆KETUGeCs :02/08/13 09:21 ID:???
そのとき、知らないおじさんが言いました。
「お母ちゃんは、後から来るよ。」
 そのおじさんは、ちいちゃんをだいて走ってくれました。
 暗い橋の下に、たくさんの人が集まっていました。

84 :◆KETUGeCs :02/08/13 09:24 ID:???
ちいちゃんの目に、お母さんらしい人が見えました。
「お母ちゃん。」
と、ちいちゃんがさけぶと、おじさんは、
「見つかったかい、よかった、よかった。」


85 :あたる ◆KETUGeCs :02/08/13 09:27 ID:???
と下ろしてくれました。
でも、その人は、お母さんではありませんでした。
ちいちゃんは、ひとりぼっちになりました。
ちいちゃんは、たくさんの人たちの中でねむりました。



86 :自分器用ですから ◆KETUGeCs :02/08/13 09:39 ID:???
朝になりました。
町の様子は、すっかりかわっています。
あちこち、けむりがのこっています。どこがうちなのか。
「ちいちゃんじゃないの。」


87 :番組の途中ですが名無しです:02/08/13 09:41 ID:???
ほたるが抜けてるぞ

88 :ノンキャリア ◆EcL8McLo :02/08/13 09:41 ID:+nyc7UN5
つづき!はやく!

89 :番組の途中ですが名無しです:02/08/13 09:42 ID:7VYiVcUQ
パイ毛でどうかな?

90 :範馬刃牙(涙) ◆KETUGeCs :02/08/13 10:09 ID:???
という声。
ふり向くと、はす向かいのうちのおばさんが立っています。
「お母ちゃんは、お兄ちゃんは。」
と、おばさんがたずねました。

91 :範馬刃牙(涙) ◆KETUGeCs :02/08/13 10:11 ID:???
ちいちゃんは、なくのをやっとこらえて言いました。
「おうちのとこ。」
「そう、おうちにもどっているのね。おばちゃん、今から帰るところよ。
いっしょに行きましょうか。」

92 :範馬刃牙(涙) ◆KETUGeCs :02/08/13 10:13 ID:???
おばさんは、ちいちゃんの手をつないでくれました。
二人は歩きだしました。
家は、やけ落ちてなくなっていました。
「ここがお兄ちゃんとあたしの部屋。」

62 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1 arget="_blank">>>1 >>1 >>1 >>1 >>1 >>1 >>1 ★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)